読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVEと絶望の果てに

きみのためにできることをあれからずっと探してる

また100万回君に「アイシテル」を届けにゆこう

今回はファンレターについて書きます。

 

関西ジャニーズJr.の公演が定期的に行われている大阪松竹座には、コンサート期間中「ファンレターBOX」なるものが置かれています。1階エントランスの総合カウンターの上。かばんからかわいい柄の封筒を取り出して、賽銭箱に賽銭投げるときみたいな顔で丁寧にファンレターを出すジャニオタのけなげさったらない!(けど一度だけすごい分厚い封筒を入れてる人を見て、何を入れてるんだと思った)

 

割とジュニア担歴は長いのですが、ファミクラってほんまに届けてくれるん?ファンレとか読んでないでしょ…っていうネガティブな感情から一度も書いたことはありませんでした。

けど、初めての関西Jr.のコンサート。初めての松竹座。

なんか箱あるみたいだし、書いてみよ~!と初めてペンを持ちました。

 

実は昔から「お手紙」を書くことがとっても苦手でした。女の子って小さいころから結構お手紙交換とかするじゃないですか。お友達からお手紙もらって、答え書いて、最後に「○○ちゃん大好き~」ってテキトーに添えておくレベルの手紙嫌いで笑、それも小学校あがってからは本当にもらう専門になって、お手紙もらっても口頭で返す、というやばめの小学生女子でした…

 

私にとってはほんと10年ぶりくらいにレターセットを買って、紫耀くんと同じくらい大好きな廉くん、康二くん、そのとき退所がささやかれていた柊真くん。

 

今となってはもうなんて書いたかなんて思い出せません。

 

柊真くんへのファンレターでひとつだけ後悔があって。お手紙に「やめないでください」なんて書ける勇気はなくて、「デビューしてください」って書きました。本当に退所してしまった今、なんてひどいことを書いてしまったんだろう、ってずっと、後悔しています。柊真くんは読んでなんて思ったんだろう。

だけど最後にありがとうって伝えられてよかったと思います。黙ってアンコールを待ってるオタクを叱ってくれてありがとうって書きました。今しか伝えられないなって思って。

最初で最後の、柊真くんへのファンレターでした。

 

それから松竹座へ通うたびにファンレターを書いています。この中の誰かが、次のステージにはいないかもしれない、そうなる前に少しだけでも、自分の気持ちを伝えたいなと思って。

 

去年のクリパ、今年の春(電車の中で書いた)、夏(戎橋筋ドトールで書いてたら、隣のお姉さんもファンレター書いてた)。今回のジャニフワは楽屋気付で郵送しなければいけないので書かなくていいかな~と思っていたのですが…

室龍太くんがかっこよすぎて居ても立ってもいられなくなり、まさかの千秋楽4日前に書きました、ファンレター。(本題)

 

 

▶便箋と封筒

 

レターセットはできるだけ毎回変えたいと思っているのですが、案外ロフトや東急ハンズでお気に入りが見つけ出せず…東京駅の「ぐりこや」で購入したグリコの看板の男の人がバーーーーン!!!!と封筒を彩るなんとも大阪っぽい封筒で送りました。しかもそれで送るの2回目。女子力の塊もない。

 

 

▶本文

 

初めて下書きしました。いつも行き当たりばったりで書いてて、語順がおかしくなったり、かっこいいです!~~~がほんまかっこいいです!という語彙力のない文章が往々にして出来上がります。なのでルーズリーフに書いて、インターンシップのES書いたときと同じくらい推敲しました。

 

書き始めは「お手紙書くのは初めてです/○回目です。」他に何書けって言うんだよ!!!こちとら語彙力がねえんだよ!!!

で、ジャニワお疲れ様です、○日に観劇しました、でジャニワの感想書いて。

このジャニワの感想が全然まとまらなくて、(龍太くんが常にかっこよすぎて)あの場面のどこそこが最高です!かっこいいです!かわいいです!みたいな。ここはtwitterか?みたいな勢いで書いてしまった。ごめん龍太くん、読みづらかったよね…

最後はクリパたのしみにしてます、ジャニワ無事に終わりますように、みたいなこと書いて締めました。無理やり感。

 

あとANOTHERから続くアクロバットだらけの公演だったので、最初から最後まで腰大丈夫ですか?体に気を付けてくださいって1000000回くらい書いちゃいました。雪国に親置いて出稼ぎ来てる子供が体弱いお母さんに書く手紙かよ。

 

 

特にいつも書くことは決めていないんですが、ひとつだけ心がけていることがあって。それは「プラスのことしか書かない」ということです。

確かに気になることとか、ここもっと直してほしい!みたいなことって多少なりともあると思います。好きな人ならなおさら気付いちゃう。あなたのことをずっと見てるから気づくんだよって思う。

だけどお叱りの言葉とかはきっと本人もわかってるし、スタッフさんとかにも言われてるんちゃうかな、って思ってて。

注意することは誰だってできるけど、良かったところとか素敵なところとか、大好きだよ!とかはファンしか書けないと思ってるので、わたしは注意とかそういう類のことは書かないようにしてます。わたしはエールを送るためにお手紙書いてるので、ここだけ気を付けてます。

 

 

純粋な疑問なんですがファンレターってどこまで自分を出せばいいんだろうか。わたしはもし読んでくれてるとしても返信書いてる暇あったら休んでダンスレッスンとか友達と遊びにでも行ってくれ…と思うやさしいのか厳しいのかわからない人間なので、封筒に住所と名前書くだけであとは便箋にさえ名前を書かないのですが、みんなどうしてるんだろうね。

 

今回はジャニフワ期間中の梅田芸術劇場の楽屋気付に送ったので、宛名書くときにすごい緊張しました。こ、このお手紙が龍太くんに渡るまで郵便局の人、梅芸のスタッフさんに見られるのか…素晴らしいこの世界に感謝…!みたいな(????)

 

梅芸のスタッフさんとかファミクラのスタッフさんに、室龍太くん人気あるんやなぁって思ってもらえたらうれしい。それだけでいいです。こっちに返ってきてないので少なくとも梅芸には届いてると信じてます。望むなら、わたしのお手紙読んでちょっとでも公演がんばろうって思ってもらえたらいいなあ。そんな気持ちでお手紙書いてます。

 

 

▶変化

 

関西Jr.のおかげでファンレター書くようになってから、いろんな場面で「お手紙」へのハードルが低くなりました。オタク活動に関するものだったら、チケットを譲ってもらったときに(定価ですよ!!!!)代金の入った封筒に忍ばせてみたり。私生活だと二十歳になったときに家族にお手紙を書きました。

すごいいい変化だなって思ってます。まじファンレBOXのおかげ。毎回設置してくれてありがとうございます。

 

 

 

 あと100万回君に「アイシテル」を届けてみたい

 

 (ここまで書いておいてわたしが自担の平野紫耀くんにファンレターを送ったことがないという事実には目を背けてください)